うつ病治療について相談する【問題のない状態まで回復をさせる】

早期に受診をする大切さ

医者

軽いうちに完治を目指す

人間はいろいろな病気にかかってしまいますが、軽いうちに適切な治療をおこなえば、治るのはとても早いといえます。それは、うつ病のケースでも同じで、軽いうちに適切な医療機関(心療内科や精神科)で診てもらえば、深刻な状態になる前に完治が可能です。心の病気は体の病気とは違って、医療機関に訪れる意思さえ奪われてしまう可能性があるので、そうなる前にドクターの力を借りましょう。うつ病は治すまで長い時間がかかると考える方も多いでしょうが、早期にドクターに相談したことにより、3ヶ月程度で症状がよくなった方もたくさんいます。なお、うつ病を治療して問題のない状態まで回復をさせるためには、薬の服用だけではなく、今の状況を改善する必要も出てきます。したがって、仕事や学業などを、ひとたび休止しなければいけないケースもあるでしょう。しかし、学業のほうはどうにかできても、仕事の場合は休むことができないため、治療に専念するのが難しいと考えるかもしれません。ですが、うつ病の場合はドクターに診断書を書いてもらえるので、そちらを提出すれば、休職が受理される可能性がとても高いです。つらいまま仕事をしていたのでは、効率も下がる一方なので、きちんと休んでうつ病を完治させましょう。うつ病を医療施設にて治療してもらうなら、まず始めにおこなわなければいけないのは『予約』です。評判がよくて人気になっている心療内科や精神科の場合は、予約を取るのがかなり難しいので、可能な限りすぐに連絡を取りましょう。予約が無事にできたのならば、次は実際に通院をして、現在のつらい症状を詳しくドクターに伝えることになります。黙っておきたい情報もあるでしょうが、それは治療の妨げとなるため、治ることだけを考えてドクターに相談しましょう。そして、診察が終わったのなら、たいていの場合は薬を処方されて初めての通院は終了となります。それからは完治を目指して、定期的に医療施設に訪れる必要があるため、勝手に終わらせることなく、ドクターから「もう大丈夫」といわれるまで治療を続けましょう。なお、うつ病になっていると予想される家族がいて、本人を病院に訪れさせるのが難しいのなら、家族だけでも相談ができる医療施設を利用するとよいです。もちろん、本人がいなければ、薬を処方してもらうことはできませんが、病院に連れてくるためのアドバイスはしてくれますので治療の第一歩になります。対応は医療施設によって異なるため、まずは連絡をして、家族の相談を受け付けているか質問してみましょう。

男性

心療内科で治せる病気

うつの問題は重症化すると負担が大きくなるので早めに治療をして、精神の問題を解決しなければいけません。心療内科で受けられる治療法はカウンセリングと薬で、どちらも適切に行えば効果がありますが負担の確認はすべきです。

看護師

適切な判断を仰ぐ

うつ病の治療は薬物療法が中心となることが多いですが、主治医との連携が取れていないとその期間は長くなる傾向にあります。適切な治療を受けるためにもその方法や通院している人がどれぐらいで回復をしているのかを知り病院を選ぶことも大事です。

カウンセリング

産後の精神に気をつける

女性に多い産後うつは、発症した人だけでなく赤子にも影響を与えることがあるため気をつけなければなりません。治療中でも育児をすることにまた精神的な負担がかかることもあります。予防するためには周囲が協力し安心できるようにすることです。

聴診器

ストレスで発症する病気

うつ病は、治療に長い時間を要する病気です。この病気の診断方法には、予診や身体の一般的な検査を経て診察を行ない、客観的な観点からうつ病と確定診断が下ります。診断が確定したら治療が開始されます。治療方法には、休養や精神療法、薬物療法があります。