うつ病治療について相談する【問題のない状態まで回復をさせる】

  1. ホーム
  2. 産後の精神に気をつける

産後の精神に気をつける

カウンセリング

育児は協力し合うこと

女性に多い産後うつは、育児にも影響を与えるため気をつけなければならない病気です。出産後に数々の不安を抱え、自分自身はちゃんと母親の役目が出来ていないと落ち込み、人によっては自暴自棄に走り最悪の結果を招くケースも出てきています。なぜ産後うつを発祥してしまうのかといいますと、妊婦はホルモンバランスが乱れやすく、出産後は急激に変化しやすいことが原因といわれています。ホルモンバランスが乱れることで情緒不安定となり、疲労感や不眠、食欲不振に陥ることがあります。そして母親になったにもかかわらず、育児をする気が起こらないようになることもあれば、赤子をかわいく感じられないという状態になってしまうこともあります。様々な不安が積み重なり、そこからホルモンバランスが乱れることでうつ症状があらわれてきます。育児や生活に影響が出てくるほどの症状があらわれた場合は、治療が必要となることもあります。産後うつの治療は薬物療法もありますが、それだけでは不十分となることが多々あります。必要なのは家族のサポートとなります。育児は母親だけが行うのではなく夫婦二人で行うもので、不安を取り除くためにも互いに協力し合えるようにすることがとても重要となってきます。産後うつは、ハッキリとした予防法はまだ解らないといわれ、発見されていません。しかし精神的な病ということで、精神的な負担をかけないようにすることが何よりも大切だと伝えられています。妊娠した女性は、マタニティーブルーを発症する人もいます。そのマタニティーブルーから続けて産後うつになってしまう人も少なくありません。そうならないようにするための予防法は、安心する場所があるかどうかです。多くの人は里帰りをして、親にアドバイスを聞いて安心を得る人もいれば、ただ単に里帰りをして精神を安定させるという人もいます。旦那さんの協力も得ながら、親に協力してもらい不安を取り除くという方法を取り入れることで、ストレスを軽減させられるという人もいます。ほかにもこれからの育児について無料で相談を受けてくれる施設もあります。何も解らない育児についてさまざまなことを教えてくれることで、その後の不安を取り除くこともできます。産後うつになれば治療を行うことができるにしても、治療中に赤子にその影響を与えないようにすることも必要になるため大変な苦労を重ねることがあります。赤子がすくすくと育てることができるようにするためには、母親だけががんばるのではなく様々な人が協力していくことが重要です。