うつ病治療について相談する【問題のない状態まで回復をさせる】

  1. ホーム
  2. 適切な判断を仰ぐ

適切な判断を仰ぐ

看護師

通院するにあたって

うつ病の治療に使われる抗うつ剤の選択において重要な点は、医療者サイドが、今用いている抗うつ剤が本当に本人にとってベストなものであるかどうかを常に検討しなくてはならないということです。つまり主治医というのは、現在の薬物治療がベストであると安易に判断して、同じ処方を延々と続けていてはいけないということになります。可能な限り本人にとってより良い薬剤選択を求め続けることが重要であり、安易に妥協しないことが肝要です。この薬剤が合うか合わないかということに関して、うつ病のケースでは適切な薬剤選択をしているクリニックや病院であるほど1人当たりの通院期間が短いというデータがあります。つまり、適切な薬剤選択が治療効果を示し、病気が早く治るということです。特にうつ病はその傾向が強く、不適切な処方では治るものも治らないので必然的に治療期間は長くなります。病院を選ぶときの一つの指標として1人当たりの通院回数や期間は平均するとどれくらいかと尋ねてみるのも1つの方法です。また、一般的に適切な薬剤治療を行って言える病院は薬剤数が少なくなります。つまり、個々の患者に非常に合う適切な投与ができていれば、多くの種類の薬剤を用いる必要はないということです。むやみに数を増やしているようなときには注意が必要です。うつ病は重度から軽度までさまざまですが、重症であっても必ず良くなりますし、辛い症状の持続時間もそう長いものではありません。症状は必ず軽減し、消失します。悲観や否定、絶望的な思考状態となっているため、改めて治療をすることでわずかでも上向きになり、楽になれるという認識をする必要があります。治療法は様々あり、診察での面接療法や認知行動療法から薬による薬物療法まで重症時というのは、ある程度希望通りの進め方で治療をスタート可能です。同時に環境調整や周囲への心理教育なども必要になります。これらの治療法の中でも中心となるのが薬物療法です。抗うつ剤の処方が特徴となりますが、睡眠障害に関しては、うつの部分症状であっても、とにかく眠れるようになることが大事ですので、睡眠薬を別に処方されることが多いです。三環系抗うつ剤であれば使用当初は眠気が出る場合が多いので、不眠に効果が期待できますが、3、4日ほどでその効果はなくなってしまうので眠れなくなります。そのため、結果的には睡眠薬も併せて服用することになります。周囲は不眠が改善されるため、過眠状態になると怠けていると考えがちです。しかし、寝過ぎてうつ病が悪化することはなく、過眠がみられるようになったということは、治療がうまくいっている証拠で、回復期によくみられる徴候です。